2004年10日29日

「ザ・レジェンド」

言葉に表すのが、とっても難しい、一生に一度の体験をしました。
オスカー・ピーターソン。
私は、今月の初めに、彼のオープニングアクトを務めさせて頂き、
本当に幸せな1週間を過ごしました。
彼がステージに出ていく時、私は手が痛くなる程の拍手をしながら、
毎回涙を流しました。
彼が、今までどれだけの人に幸せを与えてきたか、そして、まだそれは続いていて、
今それがまさに始まろうとしているその瞬間です。
彼もファンに対して、本当に深い感謝の気持ちを持っていて、ファンの人達も、
深い感謝と尊敬で、オスカーを迎える。
私も含めて会場全体が、彼の一音一音に歴史を感じ、
彼の成し遂げてきた偉業に深い尊敬を捧げ、感謝の気持ちで拍手を送る。
これって、もうライブとかコンサートとか、そんな言葉じゃ片付けられない何かです。
Deep Spiritual Experience。
心に響く感動体験。
私は、毎回コンサート終了後、オスカーにどれだけ感動したか伝えたいのに、
言葉にならない、という日が続きました。
言葉では、伝わらない気がした。
だから、彼の目をじっと見つめて、握った手に力を込めて、
全身全霊のありがとうを伝えました。
嗚呼、ほんとに幸せだった。
オスカー、ほんとに、ほんとに、ありがとう。
心から、愛と感謝を込めて・・・。
この1週間の思い出を胸に、またコツコツがんばります。
来週からヨーロッパ。修行の旅は、続きます。

PAGE TOP